ケンリハスポーツの思い

利用者様が「人らしく自分らしく生活し、人生の幸福を見出す為のお手伝いをする」を理念としております。人がその人らしく生活するには何より自由でなければいけません。歩けなくなると多くの事が自分では出来なくなり自由ではなくなります。ケンリハスポーツでは歩行訓練を行う場所を提供し、歩けるという自由で幸福な人生が送れるようにお手伝いをしています。
仮にご家族が脳梗塞になり救急搬送されたとします。その後意識も回復しましたが麻痺が残ってしまいました。しかし制度上、病院には長くても180日しか入院できません。退院し家に戻られますが、その多くの方は転倒によるケガが心配で思うように歩行の練習が出来ません。そこでケンリハスポーツでは安全に歩行訓練が出来る施設を目指して運営を行っており、訓練をして「再び歩きたい」そんな方の目標をかなえられるようにすることがスタッフ一同の願いです。

このような方にお勧めしています

  • 少しでも運動をして体の衰えを防ぎたい方
  • 脳梗塞後の片麻痺の歩行訓練がしたい
  • 人工関節や骨折後のリハビリがしたい
  • パーキンソンで歩きづらい方
  • 腰痛や関節痛或いは腰が曲がり歩きづらい方

特徴①自立歩行を目指した歩行訓練型デイサービス

ケンリハスポーツの特徴
歩行訓練用平行棒、ラウンド平行棒、昇降訓練用階段、1週20mの実歩行スペースなど、安全に歩行訓練ができる100㎡を超える広いスペース

特徴②マッサージや機能訓練で「痛み」に強い

ケンリハスポーツの特徴
加齢に伴い腰痛や関節痛が発生しがちですが、柔道整復師等の医療系国家資格保持者があなたをサポート致します

特徴③約3時間の短時間型

ケンリハスポーツの特徴
食事や入浴はございません。3時間のプログラムはあなたを退屈させません

運動の種類イメージ

健栄グループ施設長:矢木 英嗣
  • グループトレーニング
《インストラクターの動きに合わせて関節運動やストレッチヨガをおこないます》
主に椅子に座りながら安全に関節を大きくゆっくりと呼吸を意識して動かす運動です。
 
健栄グループ施設長:矢木 英嗣
  • パーソナルトレーニング
《個別で歩行訓練をおこないます》
椅子からの起立訓練や、平行棒での歩行訓練、階段での昇降訓練、トレッキングポールを使った歩行訓練など、利用者様一人ひとりの状態に合わせて無理なく歩行の為の訓練を行います。

《個別で歩行に必要な筋トレなどの機能訓練をおこないます》
歩行が不足すると、歩行に必要な筋肉は急激に退行萎縮していきます。そのため下肢の筋肉を中心にマシーントレーニングを行います。
健栄グループ施設長:矢木 英嗣
  • ゲームトレーニング
《チームを作り、球技等をおこないます》
チームでゲームを行うことにより、友達が出来やすくなり生き甲斐につながります。

主な対象となる方

  • 要介護、要支援の認定を受けている方
  • (歩行訓練を希望される方)

ご利用のイメージ


① お迎え
②グループトレーニング
③ マシントレーニング

 

④ 歩行訓練
⑤ 歩行訓練
⑥ マッサージ

 

⑦ ティータイム
⑧ ボールゲーム
⑨ お送り

 

サービス提供時間

午前の部 9:00~12:15   午後の部 13:45~16:45  約3時間

利用料金

介護保険適応により自己負担額は1割もしくは2割です。

介護度 基本
サービス
*運動器機能向上加算利用者様負担金
要支援1
事業対象者
1か月16472252,000円
要支援2
 
33773,847円

介護度 基本
サービス
*機能訓練
加算
要介護11回利用42646
要介護2488
要介護3552
要介護4614
要介護5734

*名古屋市は要介護者の基本サービスに3級地加算が10.68%が加わっています。

ケンリハスポーツ大曽根からのメッセージ

リハビリデイサービスを探している方へ
当施設も以前はマシーントレーニングが中心で下肢の筋力を落とさない事を目的にトレーニングを行ってきましたが、思うように歩行機能は回復せず結局歩けなくなってしまう方が出てきてしまいます。考えてみるとそれも当然のこと、歩行には筋力だけではなく反射が重要であり、実際に歩かないと反射が落ち歩けなくなってしまいます。そこで安心して歩けるように今までのマシーンに加えて歩行訓練用の平行棒や階段を用意し、安全に歩行訓練を行う施設に変更しました。すると既存の利用者様の中からも、いつまでも元気に歩けるように、進んで歩行訓練を行われる方が増えてきました。

『歩けない』ということは『自由が少ない』ということです。

「今ある生活を維持したい」「当たり前の暮らしを自分で送れるようになりたい」「散歩やお友達との会話を楽しみたい」など… 歩けない方にとって、自由とはこんな日常的なことだったりします。

歩きたいけど家では歩く練習ができない環境の方もたくさんいらっしゃいます。
私たちの歩行訓練型サービスは、安心して練習していただけるように、『安全に歩ける場所』にこだわりました。
歩くための専門知識をもつスタッフを取り揃え、利用者さまの歩くお手伝いをさせていただいております。

歩くことをあきらめないでください。一緒に頑張っていきましょう。

ケアマネージャー様・ご家族様へ

当施設は、利用者さまの安全に配慮した設備づくりをおこない、管理体制もしっかり整えております。歩けるようになっていただくために、国家資格を取得した機能訓練指導員による個別メニューの作成をおこない、マッサージにも力を入れています。また、歩行に関する研修・勉強を随時おこない、日々学びを続けております。
歩けない方や痛みを抱えている方に、安心安全にトレーニングをおこなっていただきたい。その思いから私たちスタッフがせいいっぱいのケアをおこなっています。
脳梗塞などで麻痺が残った方の退院後のケア・パーキンソン、骨折後の歩行訓練の場所として、ぜひ当施設をご検討ください。

施設のご紹介

ケンリハスポーツ大曽根

ケンリハスポーツ大曽根 アクセスはこちら